忍者ブログ
***「ぶつぶつ」って10回言ってごらん 「つぶ」になるから***
[177]  [176]  [175]  [174]  [170]  [171]  [173]  [172]  [169]  [167]  [166

<あらすじ>
北極グマの剥製に顔をつっこんで絶命した伯父。
法律書の生き埋めになって冷たくなっていた父。
そして、死んだ動物たちに夜ごと刺繍をほどこす伯母。
この謎の貴婦人は、はたしてロマノフ王朝の最後の生き残りなのか?
『博士の愛した数式』で第1回本屋大賞を受賞し、
多くの新たな読者を獲得した芥川賞作家が、
失われたものの世界を硬質な文体で描いた、とびきりクールな傑作長編小説。
― 文庫本カバーより

<メモ、感想>
いろんな世界があるもんだ。
わたしにはむーんって感じだったかも。。。


アナスタシアのそぶりを見せるユーリー伯母さん
剥製マニアのオハラ
強迫性障害のニコ
わたしはニコがせつなく良い感じに印象に残ったかな。

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:









Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]