忍者ブログ
***「ぶつぶつ」って10回言ってごらん 「つぶ」になるから***
[141]  [140]  [139]  [138]  [136]  [137]  [135]  [134]  [133]  [132]  [131

22歳看護婦千香子の日記。
とにかくイライラする本だった。
特に千香子の恋人杉井田は
ボコボコにぶっ飛ばしたいほど
むかつくヤツだった。

。。。メモ。
わたしはね、鯨を初めて食べた男の顔を見たいな
われわれ全ての人間が、誰も彼も、非人間性の罪を負っているという認識


<あらすじ>

理想にもえる22歳の看護婦西原千香子。
恋に憧れる千香子の恋人の医師杉井田は彼女を裏切り、患者の母親と出奔してしまった。
<一生に一度も転んだことのない人はいない>。
兄のようにやさしく見守ってくれる広川さんの言葉を胸に千香子は立ち上がる
---真実の愛とは何なのか?本当に生きるとはどういうことなのか?
---ひたむきに生きる千香子の日記に綴られた揺れる魂の記録。

― 文庫本カバーより

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:









Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]