忍者ブログ
***「ぶつぶつ」って10回言ってごらん 「つぶ」になるから***
[152]  [151]  [150]  [149]  [148]  [146]  [145]  [144]  [143]  [142]  [141

<あらすじ>

「わたしはそうせ死ぬんだから」、、、四度目の心臓手術を拒否し、いつもそう言っては母親を泣かせている少女・千佳。
その千佳が、隣の病室の患者との触れあいの中で、次第に心を開いていく様子を描いた「燕の駅」。
四歳の男の子・タアくんの日常と、その瞳に映る様々な大人たち、そしてタアくんが心の中に秘めている痛いほどの孤独と不安を描き出す表題作「子どもの隣り」など、全四編を収録。
現代に生きる子どもたちの傷つきやすい心を繊細に描き出した、珠玉の作品集。

― 文庫本カバーより

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:









Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]