忍者ブログ
***「ぶつぶつ」って10回言ってごらん 「つぶ」になるから***
[151]  [150]  [149]  [148]  [146]  [145]  [144]  [143]  [142]  [141]  [140

<あらすじ>

結納のため札幌に向かった鉄道職員永野信夫の乗った列車が、
塩狩峠の頂上にさしかかった時、突然客車が離れ、暴走し始めた。
声もなく恐怖に怯える乗客。
信夫は飛びつくようにハンドブレーキに手をかけた・・・・。
明治末年、北海道旭川の塩狩峠で、自らの命を犠牲にして大勢の乗客の命を救った一青年の、
愛と信仰に貫かれた生涯を描き、人間存在の意味を問う長編小説。

― 文庫本カバーより

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:









Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]