忍者ブログ
***「ぶつぶつ」って10回言ってごらん 「つぶ」になるから***
[331]  [330]  [328]  [329]  [326]  [325]  [324]  [323]  [322]  [321]  [320
三部作の前作「三四郎」で描かれた淡い恋愛は、
この作で、より深刻な人間的苦悩にいろどられる。
自然の情念に引きずられ、
社会の掟にそむいて友人の妻に恋慕をよせる主人公の苦しみは、
明治四十年代の知識人の肖像でもある。
三角関係の悲劇を通して漱石が追及したのは、
分裂と破綻を約束された愛の運命というテーマだった。
明治四十二年作。

---文庫本カバーより---




親のお金で働きもせず
口ばかりは一丁前な代助だけど
そんな風にしてしまったのは
親がいけないんじゃない?とも思ったりしたけど
ひとりの人間を一丁前にするということは
他人がどうこう言えるような
そんな簡単な事ではないですよね。
登場人物には感動も共感もしなかった。
でも内面的な心理描写は
おもしろかった。 
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:









Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]