忍者ブログ
***「ぶつぶつ」って10回言ってごらん 「つぶ」になるから***
[295]  [294]  [293]  [291]  [292]  [296]  [288]  [289]  [290]  [287]  [286
<あらすじ> 親友を裏切って恋人を得たが、 親友が自殺したために罪悪感に苦しみ、 自らも死を選ぶ孤独な明治の知識人の内面を描いた作品。 鎌倉の海岸で出会った“先生”という主人公の 不思議な魅力にとりつかれた学生の眼から間接的に 主人公が描かれる前半と、 後半の主人公の告白体との対照が効果的で、 “我執”の主題を抑制された透明な文体で展開した 後期三部作の終局をなす秀作である。 ― 文庫本カバーより 心理描写は面白かったけど、、、って感じでした。
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:









Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]